皆様のおかげで、幸せ間近





1歳寸前までペットショップのガラスケースの中で過ごしていたパピヨン

PIKUL第一号の保護犬として我が家にやって来た。

我が家の愛犬ユーリと外見がそっくりで、性格は反対。ユーリは陰で彼は陽

最初、明るいユーリと言うことで「ピカリ」としようかと思ったけれど、散歩中「ピカリ」って呼んだら、頭の毛の寂しい方が傍にいたりしたら問題が起きそうなので、考え直して「電球」と命名。

見る物、聞く物初めての事ばかりで、驚いてギャン吠えすることもありましたが、徐々に世間に慣れて、名前の通り明るい家庭犬「でん」ちゃんになって、トライアルに出発しました。

布類を寄付した下さった皆様、できあがった商品をお買い上げ下さった皆様、大勢の皆様の暖かいご厚意で、「でん」ちゃん幸せめざして歩むことができました。

「でん」ちゃんに代わってお礼を申し上げます

ありがとうございました。